移住定住を考える場合に下見は少なくとも2回行くことをおすすめします

定年後に都会を離れた生活をしたいと思っている人たちに加え、近年では地方暮らしに目を向ける、現役世代も少なくありません。各県には移住定住のための窓口があり、いろんな相談に乗ってくれます。

特に東京都の千代田区には都道府県会館があるので、気になる県の東京事務所をはしごして、情報を仕入れることが出来ます。東京以外にも日本三大都市圏の中心都市の大阪や名古屋にもオフィスを構えている県があるので、お見逃しなく。

同様に県に加えて市町村のホームページ上からも移住定住の内容について触れることが出来、下見の際にはお試し定住施設などを利用できます。移住定住に関連性のあるグリーンツーリズムを推進している自治体の中には、ログハウスや古民家など宿泊施設をリーズナブルな価格で提供しています。

移住定住で現役世代の人たちに特に気になるのが、就職先です。地方が必要とする仕事で挙げられるのが、医療関連や農業の求人などになります。移住定住課の係の人たちに相談しながら、生活のイメージを描く上でも出来れば少なくとも春夏秋冬の中の2つ以上の季節の中で、下見に行くことをおすすめします。http://xn--n8j1d1ddgf2967ciod77c253a6ra7242a.xyz/