秋の七草はその美しさを鑑賞して楽しむものです。

いつの間にか、セミの声がしなくなり、とんぼが飛んでいる季節になりました。秋ですね。秋の七草といわれているものがあることを初めて知りました。

春の七草は1月7日に七草粥を食して、一年の無病息災などを祈り、正月料理で疲れた胃を休めるものとして、その風習が今でも続いています。その頃になると、スーパーやコンビニで七草が売っています。ちなみに春の七草は、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」です。

秋を代表する七つの草花、七草粥にするものでなくて、秋の七草はその美しさを鑑賞して楽しむものということです。誰が選定したかという記録はないそうですが、奈良時代の歌人の山上憶良の花の短歌が詠まれていて、ここから始まったのではとされています。

「秋の野に咲たる花を指折りかき数ふれば七種の花」「萩の花、尾花、葛花、なでしこが花、をみなへし、また藤袴、朝顔が花」という2種の短歌です。朝顔というのは桔梗という説が多いそうです。

秋の七草、風情がありますね。今年はゆっくり見て歩きましょうか。足脱毛 ミュゼ